木目込み雛人形

手造りならではの温もり。

木目込み人形とは、木または桐塑(とうそ)を人形の形に彫り、衣服の皺(しわ)や模様の形に溝を彫り、そこに衣装となる生地を差し込んで(木目込んで)お創りしたお人形のことです。ふっくらと柔らかく優しい、可愛らしいお雛様です。(写真:石川潤平作 手描き彩色親王雛)

ひな木目込み-01

石川潤平工房 作品

ひな木目込み-02

石川佳正作 創作雛人形

ひな木目込み-03

石川潤平作 友禅重ね着親王雄
間口80×奥行40×高さ35

ひな木目込み-04

石川佳正作 創作雛人形
間口50×奥行35×高さ25

ひな木目込み-05

鶴屋半兵衛 親王飾り
間口63×奥行43×高さ34

ひな木目込み-06

石川潤平作 五人飾
間口80×奥行47×高さ62